Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

昨秋、区大会で優勝! 次なる目標、ブロック大会での勝利を目指して 自主的に練習を積み重ねる日々

2018.05.25

文武両道を実践!

学校が休みだったこの日は、豊島区総合野球場で、朝8時から昼12時まで活動。野球場には同校軟式野球部しかおらず、のびのび練習していた

学校が休みだったこの日は、豊島区総合野球場で、朝8時から昼12時まで活動。野球場には同校軟式野球部しかおらず、のびのび練習していた

本郷中学校を訪れると、クラブ活動中の生徒から元気な声で「こんにちは!」とあいさつされることがよくあります。「文武両道」「自学自習」「生活習慣の確立」を教育目標とし、進学校として国公立大学や超難関私大への進学率も高い同校ですが、運動部で汗を流す生徒も数多くいます。今回は、昨年秋の中体連・豊島区大会で優勝をした軟式野球部(中学校)の練習を見学しました。
中学校のクラブ活動は週3日以内で、18時には完全下校。軟式野球部の放課後の活動は通常、月・木曜が15時30分から17時30分、土曜が13時30分から15時30分までで、活動場所は学校のグラウンドのほか、豊島区総合野球場など学校外のグラウンドを利用しています。
取材した日は、豊島区総合野球場で守備練習や試合形式での練習が行われていました。豊島区総合野球場はひんぱんに利用しているそうです。ビルに囲まれた野球場では、顧問の福島庸介先生がノックをすると、部員たちがその球を追いかけます。広い野球場に部員たちの声と、ノックの音が響いています。

毎日の積み重ねが結果を生み出す

昨年(2017年)の豊島区中学校秋季体育大会で、12年ぶり2回目の優勝を果たした軟式野球部。キャプテンの鎌田和大(かず ひろ)くん(取材時は中2)に話を伺いました。鎌田くんはお兄さんも本郷生。お兄さんから「野球部はおもしろいよ」と勧められ、入部したのだとか。「活動日が決まっているからこそ集中して練習でき、勉強との両立ができるのがいいですね」(鎌田くん)
鎌田くんたち部員は、朝、自主的に練習を行っているそうで、「以前、朝練は大会の直前だけに行っていました。しかし、それだけでは足りないと感じ、僕たちの学年では毎朝ホームルームが始まるまで約1時間、基礎練習をするようになりました。いまでは僕たちの姿を見た後輩たちが毎日朝練に参加してくれるようになりました」(鎌田くん)
毎日のコツコツとした努力の積み重ねが、区大会への優勝へとつながりました。
鎌田くんの1日の生活は、起床後、ラジオの英会話を聴いてから登校。そして、朝7時から朝練。クラブ活動のある日は活動をしてから帰宅。自宅での学習は毎日3時間。就寝は23時から23時30分という規則正しい生活を送っています。
高校になると硬式野球部になるのですが、「6年間野球を続けていた生徒は、引退した後も成績が伸び、進学実績でも良い結果を残している生徒が多いですね」(福島先生)
まもなく春季の区大会が行われます。もちろん、次の目標も区大会優勝。そして、「ブロック大会へ進み、ブロック大会でも勝つことです」(鎌田くん)

野球好きな子、入部を待っています!
 「いま、キャッチャーをしている部員は、野球未経験でした。最初はバットを振っても空振りばかり。しかし、いまや4番バッターとして活躍するくらい成長したんです」(福島先生)
「そうですね、彼は本当に成長しました。僕は小学生の頃から野球を続けていますが、未経験でも大丈夫です。軟式野球部は先輩後輩の仲もよく、和気あいあいと練習に励んでいます。だから、野球が好きな子にぜひ入部してほしいと思います」(鎌田くん)

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

本郷中学校 
[学校HP]http://www.hongo.ed.jp
〒170-0003 東京都豊島区駒込4-11-1
Tel.03-3917-1456

最寄駅/
JR・都営三田線「巣鴨駅」徒歩3分。
JR・メトロ南北線「駒込駅」徒歩7分。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る