Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

力いっぱい応援し、競技ではフェアプレーを貫く
生徒たちの頑張りにより大成功を収めた体育大会

2018.12.12

一昨年の創立90周年に合わせ、グラウンドの人工芝化、新中学校舎や新図書館などを建設した日本大学第二中学校。長年、学校と生徒を見つめてきた樹齢90年にも及ぶ銀杏並木の周りでは、日々生徒たちの活気あふれる声が響いています。都心にありながら自然に恵まれた同校で、第32回体育大会が開催されました。
同校の体育大会は、中学と高校それぞれ別の日に開催。受験生の親子など外部の方の見学も可能になっています。中学の体育大会では、縦割りで紅白にわかれ、100M走などの陸上種目、大縄跳び、クラス全員リレーといったクラス競技、全学年で行う圧巻の女子の棒引きと男子の騎馬戦(大将戦)と、生徒が一丸となり競技に取り組みます。

今年は生徒の考えが色濃く出た体育大会に

全学年で行う騎馬戦や棒引きはさすがの迫力。優勝めざし、どの生徒も真剣です。

全学年で行う騎馬戦や棒引きはさすがの迫力。優勝めざし、どの生徒も真剣です。

生徒が行事の運営を行うことで主体性や協働の精神を育む同校では、生徒会長と副会長が兼務する実行委員長と副委員長を中心に、各クラスから募った実行委員が体育大会を運営します。「全力のプレー、負けそうでも腐らずやりきる。すがすがしいフェアプレーと全体の盛り上がり。ここまで両方の要素が発揮された体育大会は初めての経験で感動しました」と体育科の榎本隆秀先生が話すように、例年以上の盛り上がりをみせた体育大会を牽引したのが、この実行委員の生徒たちです。今年は校舎の飾りつけ、クラスフラッグ制作など新しい企画を実行。「自分たちの考えが色濃く出た体育大会になったと思います。榎本先生が信頼し任せてくれたので、それに応えたい!体育大会を盛り上げたいという思いが高まり頑張りました」と実行委員長を務めたT.S.さん。特に10M×2Mの特大垂れ幕は、「短期間でよく作った!」と、榎本先生を驚かせるほどでした。また、大会当日を盛り上げたのが応援団の生徒です。熱気あふれる声援やオリジナルのダンスで会場を沸かせ、生徒の心をひとつにまとめました。

自分たちでやりきることが大きな達成感や自信に

大成功に終わった体育大会ですが、当初の練習や準備ではうまくいかないこともあったそうです。しかし、生徒たちはすぐに反省をいかし、友達の協力も得ながら乗り越えていきました。自分たちの努力により得られた大きな達成感や満足感。このようなかけがえのない経験が豊かな心と思考を育み、未来をつくる力に繋がっていくことでしょう。

実行委員長・副委員長&応援団長さんにインタビュー

――体育大会までの準備について
T.S.さん どう体育大会を盛り上げるのかが大きな課題で、新しい企画を考える中で垂れ幕やクラスフラッグ案がかたまりました。
S.K.さん 企画が決まってからは、休み時間もクラスフラッグの縁を縫ったり、作業スペースを確保したり準備に没頭。終わった時はとても達成感がありました。
T.J.くん 2週間くらい前から放課後ギリギリまで練習していました。最初は声も出ないしどうすればいいのか戸惑うこともありましたが、仲間がフォローしてくれたおかげで最終的にみんなの団結力が高まりました。
K.S.くん 1回目の練習はうまくまとめられずふざける人も出ましたが、2回目からはメガホンを用意したり準備を行ったことでいい練習ができるようになりました。また、応援団の仲間が多くの面で助けてくれ心強かったです。
――やってみていかがでしたか?
T.S.さん 短期間でいかに効率よく作業するかなど、計画性を強く意識するようになりました。ほかの実行委員も率先して手伝ってくれ、みんなの協力が成功に繋がりました。
S.K.さん 体育大会後にある中間テストの準備もあり、時間のやりくりが大変でした。当日は多少のトラブルはあったものの全体的にうまくいき、学校全体が楽しんでいるという雰囲気がありました。
T.J.くん 今年は赤が負けましたが、応援合戦では勝利。仲間の協力もあり、3年間で一番楽しく思い出に残る体育大会になりました。
K.S.くん 当日はアドリブが入ったりと、いい意味で練習通りにいかない面もあり、それが盛り上がりに繋がりました。応援合戦と騎馬戦で負けたことは悔いが残りますが、団長としてみんなを引っ張り優勝に導けたことが何よりも嬉しいです。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

日本大学第二中学校
[学校HP]https://www.nichidai2.ac.jp/
〒167-0032 東京都杉並区天沼1-45-33 Tel.03-3391-5739
最寄駅/
JR中央線 総武線・東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」徒歩15分。西武新宿線「下井草駅」徒歩20分。
JR線・丸ノ内線「荻窪駅」、西武線「鷺ノ宮駅」、「中村橋駅」、西武線・都営大江戸線「練馬駅」からバス「日大二高前」。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る